革とパールのハンドメイドアクセサリー prikish
喜びやときめきを忘れない、どことなく可愛い大人の女性へ
をコンセプトにシンプルな毎日を彩るようなアクセサリーを展開しています

 

 

About

Hinata Satoko
日向 聡子    (小松)

prikishはアクセサリーを主に装飾小物の企画デザイン・制作・販売を、作家が一人で行っております。Web上での活動をメインとし、年に数回、展示会や店頭販売を行っております。

革花のアクセサリーが定着しておりますprikishですが、もともとはビーズアクセサリーのハンドメイドブランドとしてスタートをさせました。幼いころからビーズの色彩の世界に触れる喜びを感じ、小粒の極小ビーズを細かく編むようにしてフラワーモチーフのアクセサリーが初期の定番品でした。今は販売していませんが大切にとってある作品でありデザインです。
無限の表現力をもつビーズの魅力は深いもので、砂粒みたいに小さなものは糸に通すだけで美しいと感じます。
私の中の小さなビーズ旅は、ガラスビーズ・メタルビーズ・スパンコール・・そしてフランスのアンティークビーズの石・ガラス・金属・木の実・・広く深い世界に魅了されるも、高価で入手が難しい。これほどまでに素敵なものを知ってしまったのに、自分の技量と経済がついていかないのなら、何かでビーズパーツを作ってみよ!というのが革と花に行き着く経緯となります。
アクセサリーには柔らかく扱いやすい豚革を、ヘアゴムやチャームには牛革を、染色して使用しています。ハードで男臭くなりがちな革を女性らしく表現するために、お花に色をつけることとなりました。初めのころは単に”自分がほしい色に染める”パーツづくりだった作業が、絵を描くように豚革に色をつけていく染色の楽しみに変わりました。新しい発見と好奇心が、わたしのものづくりの楽しみです。

革花アクセサリーprikishは、たくさんの出会いと学びの中で成長しております。
筆で描く革花と大好きなビーズで創るあたらしいprikishが、
多くの女性のときめきとなり優しい笑顔になることを願って。